2007年12月12日

介護生活

みなさんにコメントやメッセージを頂いていたのに中々お返事が
出来ず本当にごめんなさい。 実はここ数日私の愛犬、LACEYが
とても具合が悪く、というか、体力に限界が来ているようです。
数ヶ月前にボケが始まっていると先生に言われてからこれから
徐々に体力が落ちて行きますと伝えられ、介護生活が始まりますと
言われていました。

先週末くらいから本当の介護生活が始まりました。
自分では食べたり、飲んだり出来ないので私が数時間おきに
スポイトでごはんやお水や栄養剤を注入しています。LACEYは
16才半、人間で言うと120才だそうです。病院へ連れて行き、
点滴をうってもらったり、少しでも口から食べるのが一番
良いので“頑張って食べようね”と声をかけながら食べさせると
一生懸命口を動かしてくれます。

LACEYは家で生まれているので16年と7ヶ月もの間ずっと私と
一緒にいたからか、私ともっと一緒に居ようと頑張ってくれて
いるのだと思います。

昨夜、LACEYのことをしった、とても良くしてくださるお友だちが
お見舞いに来たよって『BROKEN ASHES』のライヴへ駆けつけて
くれました。とても素敵な本を私にくれました。以前から
インターネット上で伝え続けられている詩があります。
『DOG'S TEN COMMANDMENTS』(犬の十戒)と言います。 
私も“LACEY & ANGELINA”のホームページ で英語版を紹介
させていただいていますが、最近日本語の訳も付いて本として
出版されています。色々な種類が出ているみたいだけど、
私がお友だちから頂いたこの本の表紙も中の写真もとても
可愛いプードルちゃんが載っています。何となくプードルは
毛のふわふわしているところがマルチーズに似ていてとても可愛い!

とても素敵な詩で昨日頂いて読み直したらまた泣いて
しまいました。ワンちゃんたちの気持ちが書いてあるの。
読みながら、本当にこういう気持ちなんだろうなと思います。
ぜひみなさんにも読んでもらいたいな。

dogstencomandments.jpg

ニックネーム KEIKO WALKER at 00:00| Comment(0) | LACEY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント